印鑑の店選びの決め手

シャチハタイメージ

「印鑑」の決め手、ということでいろいろ見てきました。
では実際に、インターネットで選ぶ時と、現実の街などの印鑑屋さんで選ぶ時の違いは、一体なんでしょうか。

今回は、インターネットや街の印鑑屋さんで、「印鑑」「シャチハタ」を選ぶ時の決め手を、見ていきたいと思います。

インターネットで「印鑑」「シャチハタ」を購入する場合には、名の知れた印鑑屋さん(ネットショップ・通販)が、いくつもあります。

ワタシは、何回か、黒水牛をインターネット(ネットショップ・通販)で買ったことがあるのですが、商品は980円で、直径12mmのものでした。
実際に届いた商品は、インターネットで表示されている通りの価格なりの品物です。

インターネットで購入する時の決め手としては、やっぱり価格と対応のスピード(お届け日数など)などでしたね。
安くても、きちんとした品物が確実に届き、中には本当に本格的な、完全に手彫り専門のお店もありますので、そういう点を重要視するのなら、インターネットがおススメでしょう。

街のお店で「印鑑」「シャチハタ」を購入する場合は、何より実物を、きちんと自分の目で確かめてから購入できる、という点ですね。
まっとうな象牙を購入するのなら、きちんと温度管理下で保存されている象牙こそが、真の象牙といえます。

実印は耐久性などを考えて、信頼できる一級彫刻士のお店で、直に自分の作りたい「印鑑」「シャチハタ」を、正確にオーダーできるし、一級彫刻士の反応もきちんと確かめられますので、モノや人を見る目も、養われていくでしょう。
そういう意味では、街などの現実の印鑑屋さんがおススメです。

ページの先頭へ